1. 自動車保険ウォッチTOP
  2. 基本保証について
  3. 初心者にも分かりやすく解説!人身賠償保険とは?搭乗者傷害との違い

初心者にも分かりやすく解説!人身賠償保険とは?搭乗者傷害との違い

人身傷害保険とは、どんな保険なのでしょうか?
人身傷害保険と搭乗者傷害との違いや賠償範囲、いくらに設定するのが一般的かなどなど、こちらでご説明しています。

人身傷害保険とは?

人身傷害保険とは、人身事故に遭ってしまった場合に、「過失割合には関係なく、保険金額の範囲内で保険金が支払われる」という保険です。

たとえ10対0で相手の過失だとしても、その賠償がされるまでにはいろいろ長引くこともありえますよね。
でも、人身傷害保険に入っていなければ、自分の保険では何もできないのです。

そんなケースでの必要性から、加入しておいた方が良い保険と言われています。
示談交渉前でも支払われるので、治療費の心配がなくなります。

支払い対象となる範囲は?

保険金が払われる対象の範囲は、記名被保険者と配偶者、及び同居の親族、別居の未婚の子であれば、「被保険自動車に搭乗中でなくても補償」されます。

自転車や船舶、電車や航空機、果てはエスカレーターなどでも支払い対象となります。
「搭乗中のみ補償」に設定することもでき、その場合には保険料が安くなる代わりに、支払い対象外となります。

搭乗者傷害との違いは?

人身傷害保険と搭乗者傷害との違いは、搭乗者傷害の方は定額払いである点です。

人身傷害保険の方は、相手方に賠償されない部分の「実損払い」(例えば5,000万円被害のうち、相手賠償が3,000万であれば、のこり2,000万が出る)です。

対して搭乗者傷害の方は、いくらの被害になろうとも、決まった「定額」が支払われます。
人身傷害の方は契約した「人」で支払われますが、搭乗者傷害は「契約した車の搭乗者」に支払われます。

スポンサードリンク

初心者にも分かりやすく解説!人身賠償保険とは?搭乗者傷害との違いに関連するコンテンツ