1. 自動車保険ウォッチTOP
  2. 特約について
  3. 搭乗者傷害特約の必要性とは?よく比較される人身傷害との違いとは?

搭乗者傷害特約の必要性とは?よく比較される人身傷害との違いとは?

搭乗者傷害特約とは、どんな内容の保険特約なのでしょうか?
自動車保険の搭乗者傷害特約について、その必要性、そしてよく比較される人身傷害との違いについて、詳しく解説していきます。

搭乗者傷害特約とは?

自動車保険の搭乗者傷害特約とは、どういった内容の特約なのでしょうか?

「契約の車での事故で当該車両に乗車中、死亡した場合や怪我・後遺障害を被った場合に、あらかじめ設定された定額を支払われる」というものです。

実費ではなく定額払いのため、治療中でも支払いが行われるところが安心とされており、必要性は高いと言えるでしょう。

支払い対象となる範囲は?

搭乗者傷害特約の場合は、「車」での契約となります。

契約者ではなく契約車両を補償対象としているため、幾ら被保険者であっても、当該の契約車両以外に搭乗中の事故であれば、支払い対象範囲外となります。

逆にその契約車両に、「正規の座席で乗車していた者」であれば、支払対象(※箱乗りなど、異常な状態での乗車は対象外)となります。

人身傷害との違いは?

人身傷害と搭乗者傷害特約との違いは、「人」か「車」かです。

人身傷害の方は、契約者・その配偶者含め契約の及ぶ人が傷害を負ったら、特にその原因の事故時に当該車両に乗車していなくとも、補償されます。

搭乗者傷害特約は、別に契約者の血族である必要はなく、「当該車両」に乗車していれば補償されますが、そうでなければ対象外となります。

また、人身傷害は実損害分を、搭乗者傷害特約は定額支払というのも大きな違いです。

スポンサードリンク

搭乗者傷害特約の必要性とは?よく比較される人身傷害との違いとは?に関連するコンテンツ