1. 自動車保険ウォッチTOP
  2. 特約について
  3. 他車運転特約の必要性とは?コレを勘違いして大失敗してしまった!

他車運転特約の必要性とは?コレを勘違いして大失敗してしまった!

他車運転特約とは、どんな内容の自動車保険なのでしょうか?
そして、この他車運転特約の必要性は?よく勘違いされる臨時運転者特約との違いも、一緒に解説していきます!

他車運転特約とは?

他車運転特約とは、「他の車」を「運転していた」ときの事故を補償する特約です。

例えば、契約している人が、他の人が所有する車を運転していて事故を起こし、その「車」の契約者の保険契約では保険がおりない(年齢制限などで)場合に、自分の入っている保険で支払えるとい特約です。

そして、この場合の「他車」は、他人の車であり、配偶者の所有する車はもちろん当てはまりません。
また、会社の車を運転していた場合も、これは業務中なので補償の対象外です。

さらに当たり前のことですが、「勝手に」「所有者に許可を得ずに」よそ様の車を乗り回した挙句に事故を起こした、などという場合も、問題外、論外、対象外です。

他車運転特約を勘違いして大失敗!?

よく勘違いされるのは臨時運転者特約で、おそらく他車→他者と勘違いしてしまうのでしょう。

臨時運転者特約は、車を中心に考えた場合の「臨時の運転者」に係る特約で、被保険者及びその配偶者「以外」の臨時に運転していた者が、契約車両で事故を起こしたときに使えるもの。

つまり、「臨時運転者特約つけてあるから、他車運転特約は要らない~♪」というのは大間違いで、どちらにも入っておく必要性のある特約です。

ただし最近は、他車運転特約は自動セットになっている保険会社が多く、オプションとして加入しなくても良い場合がほとんどです。

スポンサードリンク

他車運転特約の必要性とは?コレを勘違いして大失敗してしまった!に関連するコンテンツ