1. 自動車保険ウォッチTOP
  2. 基本保証について
  3. 初心者にも分かりやすく解説!対人賠償保険とは?意外な補償範囲!?

初心者にも分かりやすく解説!対人賠償保険とは?意外な補償範囲!?

対人賠償保険とは、一体どんな保険なんでしょうか?
自動車保険の「対人賠償保険」について、その意外な補償範囲や、どのような内容なのかをご説明していきます。

対人賠償保険とは?

対人賠償保険とは、「人に対する賠償」について補償される保険で、そこが対物と大きく違います。
つまり物損には使われません。

「モノの賠償」には、また別の種類の保険が必要となるわけです。

死亡あるいは怪我、後遺症といった、あくまで被害を受けた他人への賠償、というわけですね。
自賠責保険の支払限度額を「超過した部分」について支払われますので、自賠責保険で補償される金額は引かれます。

支払い対象となる範囲は?

いくら「人」が対象とはいっても、この「人」とは前述で「他人」としましたように、記名被保険者本人やその配偶者、同居親族などは対象外となってしまいます。

「交通事故を起こし、その相手は他人」という場合のみ(大抵はこれだと思われますが)、支払対象の範囲となります。

ただし別居親族であればOKで、自分の子が既に別居し生計が別となっている場合、その子にぶつけてしまったというケースは、対人賠償保険の支払対象範囲に含まれます。

無制限にする必要はある?

基本的に対人賠償保険は、無制限が一般的です。

それはなぜかというと、対人賠償というのは、非常に高額になることがほとんどだからです。
軽い怪我で済めばまだしも、万一に死亡させてしまったりしたら、賠償額は億を超えることも。

このため、無制限にしておくのは「当たり前」と、考えておいた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

初心者にも分かりやすく解説!対人賠償保険とは?意外な補償範囲!?に関連するコンテンツ