1. 自動車保険ウォッチTOP
  2. 特約について
  3. 対物超過修理費用特約の必要性とは?これを付帯してなくて大失敗した

対物超過修理費用特約の必要性とは?これを付帯してなくて大失敗した

対物超過修理費用特約とは、どんな特約なのでしょうか?
自動車保険の対物超過修理費用特約(対物全損時修理差額費用特約)について、その内容や必要性を解説します。

対物超過修理費用特約とは?

自動車保険の対物超過修理費用特約(対物全損時修理差額費用特約)とは、「補償すべき車の修理額が、時価額を超えてしまった」ときに、その超過分を50万円を上限に補償してもらえる特約です。

仮に過失割合が100%(自分)で、相手の車の時価は30万円に対し、修理をすると60万円になるとしましょう。
その場合、超過した30万円について、この対物超過修理費用特約で支払ってもらえるわけです。

この特約がないと…

対物超過修理費用特約が無い場合…
その差額は支払えないか、もしくは自腹を切って払うことになってしまいます。

特に相手方が、古い車で修理代が高くなってでも、きちんと修理して乗りたいような思い入れのある車両だった場合は、大変な額になることも多々あります。

また、差額は支払義務がないから(※次項参照)と払わなかったら、示談に応じてもらえなかったりと、円満解決から遠ざかってしまうケースが多く見られます。

本来は必要ない対物超過修理費用特約!?

ちらりと前述しましたが、法的にはこの特約を使う義務はなく、法的には時価額までの賠償責任しかありません。

かといって自分がぶつけた相手に対し、時価までしか払わない!となれば、相手側との交渉もこじれてしまいますから、かなり必要性は高い特約といえるでしょう。

スポンサードリンク

対物超過修理費用特約の必要性とは?これを付帯してなくて大失敗したに関連するコンテンツ