1. 自動車保険ウォッチTOP
  2. 基本保証について
  3. 初心者にも分かりやすく解説!対物賠償保険とは?無制限の落とし穴!

初心者にも分かりやすく解説!対物賠償保険とは?無制限の落とし穴!

自動車保険の対物賠償保険とは、どんな保険内容なのでしょうか?
どんな補償内容で、その対象範囲は?よく勘違いされる無制限について、などなどをご説明しています。

対物賠償保険とは?

対物賠償保険とは、「物に対する被害」に対して補償する保険で、人の怪我(死亡・後遺症も)などについては、対象範囲外となります。

あくまで、事故等によって損害を与えた物への賠償をするものとなっています。
ただし、これは直接的に与えた損害のみならず、間接的な損害もカバーされます。

支払い対象となる範囲は?

対物賠償保険は「間接的損害もカバー」と記述しました。

それは、「事故で破壊されたことによって生じた不利益」ということで、例えばお店につっこんで壊れた物の賠償は直接損害ですが、それによる休業で失った利益を賠償するのは間接となります。

特に怖いのは、直接損害よりもこの「間接損害」の方で、壊してしまった、損害を与えてしまった場所によっては、非常に莫大な賠償をしなくてはならなくなります。

もし、鉄道に関連する事故を起こしてしまい、それで不通になってしまったら…鉄道会社からの請求は億を超えたというケースもあります。

無制限でも無制限じゃない!?

対物賠償保険は、多くの方が「無制限」で加入しています。
でも無制限と一言でいっても、別にこれはいくらでも要求されただけ払うわけではありません。

あくまで、賠償しなくてはならない額について、制限があるわけではなく支払いますが、「賠償額」=「時価額」までがその範囲となります。

この時価額は、実際に修理にかかった費用より低くなるケースもありますが、そうした場合でも、対物賠償保険が無制限であったとしても、「時価額」までの補償なので要注意です。

スポンサードリンク

初心者にも分かりやすく解説!対物賠償保険とは?無制限の落とし穴!に関連するコンテンツ