1. 自動車保険ウォッチTOP
  2. 契約条件について
  3. 自動車任意保険の「主な使用目的」は間違いだらけ!その定義とは?

自動車任意保険の「主な使用目的」は間違いだらけ!その定義とは?

自動車任意保険の「主な使用目的」とは、一体どういう意味なのでしょうか?
自動車任意保険の「主な使用目的」(日常レジャー、業務使用、通勤通学)の定義とは?

業務使用の定義?

自動車任意保険の「主な使用目的」において、業務使用となるのは「年間を通して月15日以上、もしくは週5日以上、業務で使用する場合」です。

もし、業務で使用する頻度がそれ以下であれば、日常レジャーの契約でも大丈夫なのが標準的です。

通勤・通学の定義?

自動車任意保険の主な使用目的、次に「通勤通学」です。
これは、上記と同じく年間を通して、月15日以上もしくは週5日以上を通勤や通学で使用する場合。

ただこれは、実際に通勤通学する者が運転する場合だけであり、その送迎を別の人間(配偶者や家族)が行う場合には、日数としてカウントされません。

定期的かつ継続的に、自らの通勤通学に使用するかどうかです。
また通学において保育園は、学校教育法に定める学校でないので、通学には含まれません。

日常レジャーの定義?

自動車任意保険の主な使用目的で一番安くなるのは、日常レジャーで契約している場合。
ですので、どうにかこれに当てはまればいいなと思うのが人情です。

日常レジャーは、買い物や、旅行などの利用であれば、これに当てはまります。

もし、基本的には買い物や土日のレジャーのみの使用であり、たまに通勤に使ったというケースなら、保険金は問題なく支払われますが、日常の通勤に使っているなら、日常レジャーでの契約はNGです。

スポンサードリンク

自動車任意保険の「主な使用目的」は間違いだらけ!その定義とは?に関連するコンテンツ