1. 自動車保険ウォッチTOP
  2. よくある質問
  3. 結婚に伴う自動車任意保険の悲劇!知らなかったでは済まない契約条件

結婚に伴う自動車任意保険の悲劇!知らなかったでは済まない契約条件

結婚することで、かなり条件が変わる自動車任意保険!
結婚して親と別居する場合、契約者の名義変更・等級継承の可否など、自動車任意保険で失敗しないために!

結婚で自動車任意保険の等級がなくなる!?

実家暮らしで独身のときから、自分を契約者として記名被保険者も自分という加入の仕方をしている人は、それほど多くはないですよね。

ほとんどの方は、免許をとって親の車を運転するようになると、親が契約者となっている自動車任意保険の「家族」で補償の対象になっているのではないでしょうか。

この場合、結婚して別世帯になれば、もう「家族」ではありません。
このため親名義の保険の場合、結婚して親と別居すると名義変更(等級の継承)はできなくなります。

ですから、結婚前に同居している子であるうちに、名義変更(等級継承)をしておかなければいけません。

別居したら他人!?

結婚して親と別居すると、自動車任意保険では家族とはみなされません。
あくまで、別居していてもOKなのは「未婚の子」まで。

既婚の場合は独立した別家族となるため、家族限定で親が自動車任意保険に加入しているのであれば、自分自身が保険加入し「他車運転特約」でも付けていない限り、親の車を運転しているときの事故は補償の範囲外。

ただし、既婚であっても同居なら変わらず家族として扱われます。
また、未婚とは婚姻暦が無いことを意味しますので、バツ1の方などは別居の場合NGとなります。

年齢制限は関係なくなる!?

そして、年齢制限も関係なくなります。
年齢制限とは、同居の親族にのみ関係してくるので、結婚して別居となった場合には年齢制限は無視して大丈夫です。

ただし親の保険で乗る場合には、家族限定だともともと補償範囲外になってしまうので、運転する際には十分確認が必要です。

ですから今現在、親の保険が家族限定で年齢制限も付いているのであれば、家族限定を無くし誰でも運転できるようにして、年齢制限は親と同居している家族で一番若い方に合わせておく、という設定に変更するのが良いでしょう。

スポンサードリンク

結婚に伴う自動車任意保険の悲劇!知らなかったでは済まない契約条件に関連するコンテンツ