1. 自動車保険ウォッチTOP
  2. 自動車保険選びのコツ
  3. 大損してしまった自動車任意保険!いらない補償と不要な特約とは?

大損してしまった自動車任意保険!いらない補償と不要な特約とは?

自動車任意保険には様々な特約がありますが、実は不要なものも結構多い!?
こちらでは、自動車任意保険の不必要でいらない補償や不要な特約=なければないでOKなものを
理由と共に列挙してみました。

代車特約

まず自動車任意保険で真っ先に不要と言われるのが代車特約。

代車特約とは、事故をした修理中の車が無い間の
代車費用が補償される特約です。

とはいえ、相手方に非がある場合は本人の負担はありませんし、
またよほど車が無ければ困る地域でない場合は
とっぱらってしまっても大丈夫でしょう。

例えば、週末ぐらいにしか乗らない車に代車特約をつけても
あまりメリットはありませんし、
また修理工場の代車もありますから不要といえば不要ですね。

人身傷害特約

人身傷害特約は、ただ車での事故だけにとどまらず、
犯罪被害や歩行中の事故などの怪我に対しても
補償される特約です。

ただ人身傷害特約の場合、
記名被保険者の「家族」まで特約の効力が及ぶので、
家族一人が加入していれば全員分はいらないわけです。

例えばAさんが一人入っていれば、
配偶者はじめ同居の家族は特約を付けなくても
補償してもらえるので不必要となるんですね。

弁護士費用特約

弁護士費用特約は、100%相手の過失での事故の場合、
示談交渉は被害者側保険会社は行うことができません。
その代わりに、弁護士を使ったときの費用を
補償してもらえるという内容。

確かに、相手方が素直に非を認めてくれるとは限らず、
また相手の保険会社がタチが悪ければ被害を受けた上に
面倒に巻き込まれることにもなりますから、
自動車任意保険に付いている方が無難な特約。

ただし弁護士費用特約も人身傷害特約と同様、
記名被保険者本人及び家族が補償対象となるので
全員分は不要となります。

個人賠償責任特約

そして、おまけのように付けることの多い個人賠償責任特約。

個人賠償責任特約は車と無関係のことでも
何でもとにかく「賠償する責任」が生じた時に
その賠償分を補償してもらえるという特約。

個人賠償責任特約も本人、配偶者、家族
(同居親族、生計を同じくする未婚の別居中の子)
に対して効力があるため家族全員をカバーできます。

ですから、もしご主人がこの特約を付けているなら、
別の保険などでお子さん用の個人賠償責任特約を
付けておくことは不要となります。

また、自動車任意保険以外の損保などでも
似たような補償がされる場合もありますので
一度、他の保険内容も確認して見直せば
保険料を安く済ませられる可能性もありますよ。

スポンサードリンク

大損してしまった自動車任意保険!いらない補償と不要な特約とは?に関連するコンテンツ